Shopify!CSVから商品を一括で登録する方法を徹底解説【初めてのShopify】

2024.07.08 Shopify 

ShopifyでECサイトを作る上で一番重要なことが商品の登録!

今回のブログではShopifyの商品を登録する際に必要な操作方法を解説します。

*リニューアルによる各種データ移管は福岡ECサイトまでご相談ください。
・他のECカート → Shopify
・Shopify → 他のECカート
どちらのパターンでも可能です。

Shopifyで管理画面から商品を登録する方法

Shopifyで商品を登録する際に登録の方法は2種類あります。

1つは管理画面から商品を1つずつ登録する方法、もう1つはCSVというデータファイルを使って複数の商品を一括で登録する方法です。

このブログでは後者のCSVというデータファイルを使って複数の商品を一括登録する方法を徹底解説します。
管理画面から1つずつ商品を登録するブログはこちらをご確認ください。

商品CSVって何?どんな時に使うの?

CSVとは複数のデータを格納したテキストデータのことです。

通常の商品を登録する場合、管理画面から登録すると各入力項目がページの全体に表示されていて、入力のたびに画面をクリックしたり、スクロールしたりして商品を登録しなければなりません。

また、他の商品を見比べたい時に、編集中の画面を抜けて以前登録した商品を開いたり閉じたり、行き来することがとても大変です。

CSVの場合商品データがエクセルのように並んでいるので、商品情報を1つのファイルで閲覧しながら作ることができ、作業効率化につながります。またコピペでデータを一括で作成することができるので商品数が多いショップ様は必ずCSVを使って商品を管理することになります。

CSVというファイルはどこにあるの?どうやって使うの?

ダウンロードの方法 Shopify管理画面内

自分の管理画面内の商品管理ページの商品一覧が記載されている画面の右上「エクスポートする」からダウンロードできます。

特定の商品だけダウンロードする方法は、「商品管理」の画面で、コレクション毎や販売元毎、タグを絞り込むなど行い、エクスポートすることで任意の商品データのみをダウンロードすることが出来ます。

ダウンロードの方法 Shopifyのサイトのテンプレートあります

下記のShopifyのサイトからダウンロードもできます。https://help.shopify.com/ja/manual/products/import-export/using-csv

このページにアクセスし、「サンプルCSVファイルをダウンロードする」からCSVをダウンロードしてご利用いただくことができます。

このCSVはShopifyで利用できる基本的な形になります。

この形を変更してしまうとShopify上でデータが反映されなくなるので編集する際は既存の項目にテキストを入力するようにしましょう。

CSVはどうやって使うか。編集の方法や手順を説明。

CSVはエクセルやNumbers、Googleスプレッドシートを用いて編集することができます。エクセルやNumbersを持たれている方は該当のファイルをエクセルやNumbersで開いてください。

するとエクセルファイルのようなデータが表示されます。*ご利用のPCによって見え方が異なります。

エクセルやNumbersがない方はGoogleスプレッドシートを用いて編集が可能です。GoogleスプレッドシートはGoogleが提供する無料のエクセル編集ソフトになります。

*編集する際の注意点!
必ず元のデータは残して編集をしてください。間違って以前のデータを消したり、上書き保存してしまったりなど問題は必ず起こります。編集前にデータは複製してください。

このエクセルで表記されている2行目以降を編集することで商品データを入力することができます。編集は1商品1行です。そして入力完了したCSVファイルをShopifyにアップロードすることでShopifyに商品を一括で登録することができます。

*保存する際の注意点!
CSVは通常に保存することができません。
・エクセルは「ファイル」→「名前をつけて保存」→ファイル形式「CSV」を選択し保存してください。
・Numbersは「ファイル」→「書き出す」→「CSV」を選択し保存してください。
・Googleスプレッドシートは「ファイル」→「ダウンロード」→「CSV」を選択し保存してください。

一回で登録できる容量は15MBなので、保存後、CSVのファイル容量が15MB以内かどうか確認してください。15MB以上の場合複数回に分けて登録してください。

CSVをどうやってShopifyの管理画面に登録するか

Shopify管理画面の「商品管理」の画面右上「インポート」からアップロードすることができます。

「同じハンドルを持つ現在の商品をすべて上書きします。欠けている列には既存の値が使用されます。」にチェックを入れると既存の商品を上書きすることになります。

チェックを入れると同じハンドルの商品は上書きされます。

しかし、ハンドル名さえ別々であれば同じ商品でも複数販売することができるので応用し運用にご活用ください。

CSVの登録手順

◼️手順
①CSVファイルを用意(データは複製しておく)
②CSVファイルを開くソフトを用意
③CSVファイルを開き編集
④編集完了後CSVファイルを保存してください。
⑤CSVファイルをShpoifyの管理画面からアップロードをし完了

CSV登録時の注意点まとめ

・必ず元データを残して編集
・不要な列を追加しない
・CSVをエクセルなどで保存する際は書き出しや別名保存などでCSV保存
・保存時のハンドルに注意 ハンドルが同じ場合上書き保存
・編集は1商品1行
・1回でアップロードできる容量は15MB未満
・15MB以上の場合複数回に分けてアップロード
ー今回は不要ですが豆知識ー
・メタフィールドのデータはCSVが利用できないので手入力で1商品ずつ対応

ShopifyのCSVの入力項目の説明!商品登録する際のまとめ

ShopifyのCSVには様々な項目があります。

初回からCSVを使った登録はハードルが高いです。そのため2〜3商品管理画面から入力し、その商品情報に合わせて登録することで登録しやすくなります。一度管理画面から登録してみてください。

CSVの見出し項目の名称説明
Handleハンドル商品ページで利用されるURLのこと
https://xxxx.myshopify.com/product/ここのURL
Title商品名
Body(html)商品説明文htmlの入力も可能
1つの商品をhtmlで入力してから
Vendorストア名
Product Category商品カテゴリーShopifyの商品分類のフルパス(URL)
もしくは 数字のID
Type商品タイプ
Tagsタグカンマで区切り複数登録可能
Published商品ステータスTRUE(公開)/FALSE(非公開)
Option 1 Nameオプション名バリエーション名(例:色) ない場合は「Title」
Option 1 Valueオプション値バリエーションの内容(例:赤) ない場合は「Default Title」
Variant SKUSKU商品コード
Variant Grams重量
Variant Inventory Tracker商品の在庫追跡在庫追跡をしない場合、空欄
追跡の場合、以下のいずれかを入力
shopify
shipwire
amazon_marketplace_web
Variant Inventory Qty商品の在庫数
Variant Inventory Policy在庫が0になったときdeny(購入不可)/continue(購入可)
Variant Fulfillment Service注文データの倉庫連携
Variant Price価格通貨の記号は入力不可
Variant Compare At Price割引前価格通貨の記号は入力不可
Variant Requires Shipping配送TRUE(配送必要)/FALSE(配送不要)
Variant TaxableTRUE(税を適用する)/FALSE(税を適用しない)
Variant BarcodeバーコードISBNバーコード管理
Image Src商品画像URL
Image Position何番目の商品か
Image Alt Text商品画像の説明文
Gift CardギフトカードTRUE(商品がギフトカードの場合)/FALSE(そうでない場合)
SEO Title検索結果 ページタイトル商品名
SEO Description検索結果 説明文商品説明文
Google Shopping / 〜〜〜Googleショッピング時に利用今回は割愛
Variant Image商品画像URL
Variant Weight Unit重量の単位g/kg/lb/oz
Variant Tax CodeShopifyプラスで利用
Cost per item商品にかかるコスト原価
Included / 日本
Included / 国際
Price / 国際通貨記号は含めない
Compare At Price / 国際通貨記号は含めない
Status商品を利用できるかどうかactive(販売可)/draft(下書き)/archived(アーカイブ済・販売不可)